fujiyan.netは雑誌の定期購読専門サイトです。fujiyan:デザインの現場


カテゴリ

おすすめリンク

デザインの現場

デザインの現場

デザインの現場

定期購読サービス実施中!新規・更新ともに割引価格にてご提供いたします。

定価:1890 円
出版社:美術出版社

発行間隔:隔月刊

売り上げランキング: 68位
アクセスランキング: 420位

デザインの現場の詳細情報をみる



デザインの現場の評価

様々なデザインを知る
やん 大学生 ★★★★★
いろんなデザイン、そしてその現場を見ることができるので、毎号楽しみにしてます。

幅広く役に立ちます.
mg 公務員 ★★★★★
美術の教員をしています。同じ世代のデザイナーが各方面で活躍しているのを知るいい機会ですし、こちらもやる気が出てきます。デザイン雑誌だけあってとても読みやすくセンスもいい、ギャラリーや展覧会などの情報も日本各地のものが掲載されており便利です。毎月発刊してほしい雑誌です。

毎月楽しみ!
ロンドラ 会社員 ★★★★★
適度なボリュームで読み応えあり。内容も充実しています。ここ数年定期購読していますが、飽きがこないので毎月楽しみにしています。デザインの情報ならとりあえずこれ!

デザイナー必見!
chiro 自営業 ★★★
現在のデザイン界の状況や新しい技術紹介など、時代の流れに乗り遅れないための情報が満載です。日本のトップレベルのデザイナーたちが、どのような考え方で仕事を行っているのかも知ることができ、勉強になります。これは必見です。

必須アイテム
OHTA 会社員 ★★★★★
デザイナーの必須アイテム。アイディアの素となる一冊です。

関連カテゴリ

関連書籍

広告批評 アイデア コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO) voyage +81(PLUS EIGHTY ONE)


 

デザインの現場の詳細

■デザインの現場の目次
  

デザインの現場 □--> 2007/05/27発売号  (現在発売中の号)

2007年6月号   ◆◇
◇◆  特集 全部見せます!! デザインの裏側

新雑誌のアートディレクション、大型施設の広告制作など、デザインを依頼されてから完
成するまでデザイナーはどんなふうに仕事をしているのか?印刷指定や色校正、紙や書体
の選択をどのように行っているのか?今回の特集記事では、そんな「デザインの裏側」に
完全密着!!何度もやり直したり、時間と闘いながらスケジュールを敢行したり……完成
品からは想像できないような試行錯誤も含め、デザインができるまでのリアルなプロセス
を大公開します。


〜*〜*〜 目次  〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

●[プロジェクトの舞台裏 編]

 1. 菊地敦己 〜 アートディレクションは編集者の視点で

 2. 葛西薫 〜 老舗とらや。新たなイメージへの牽引役

 3. 佐野研二郎 〜 大型広告の制作は正攻法で

 4. 秋山具義 〜  オリジナルグッズのためのショップづくり

 5. 森本千絵のフォトディレクション 

●[デザインの基本 編]

 6. あのパッケージの裏側見せます!  〜 川路ヨウセイのデザイン術

 7. 雑誌ジャンル別 カバーデザイン考  〜 表紙デザインにルールはあるか?

 8.名人直伝!グラフィック短期集中講座

●[コラム]

 1.ADとDって何が違う?

 2.1年生デザイナーの一週間 E.Co.,Ltd.

 3.地図づくりのABC 木村博之

 4.デザイナーの習いごと 大日本タイポ組合



〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1. 菊地敦己 〜 アートディレクションは編集者の視点で
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 美術関連の仕事はもとより、服飾ブランドのブランディングや自社レーベルのCD制作・販
売など、多岐にわたる活躍で知られるブルーマークの菊地敦己。そんな彼がADを務める雑
誌『「旬」がまるごと』がこの春創刊を迎えた。毎号ひとつの食材だけにスポットを当て
る、全く新しいタイプの“食を切り口にしたカルチャーマガジン”だ。新雑誌で見せた菊
地流AD術とは?


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2. 葛西薫 〜 老舗とらや。新たなイメージへの牽引役
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「とらや」が変わった。
 3月末にオープンした東京ミッドタウン内のとらやは従来とは一線を画す白いタイルと黒
いのれんに囲まれた造りが目を引く。この和菓子の老舗に新たな表情を与えた葛西薫を中
心に、サン・アドの徳田祐子、安藤基広、そして建築家の内藤廣にオープンまでの道のり
を聞いた。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3. 佐野研二郎 〜 大型広告の制作は正攻法で
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2007年3月30日、六本木に完成した大型複合施設「東京ミッドタウン」。オープンに際し
展開した告知広告のアートディレクションを手がけたのが、佐野研二郎だ。「新しい街の
登場」という巨大プロジェクトにふさわしい広告のつくり方とは、佐野にとってどのよう
なものだったのだろうか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4. 秋山具義 〜  オリジナルグッズのためのショップづくり
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 自分の作品を売るための自分の店。クリエイターだったら一度は憧れるであろう、オリジ
ナルショップをオープンさせたのが、デイリー・フレッシュの秋山具義。広告を中心に活
動してきた秋山にとって、普段の仕事との違いとは何だったのか?そしてそれにどう挑んだ
のだろうか。グッズ製作からショップ立ち上げまでの道のりをレポートする。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5. 森本千絵のフォトディレクション 〜 Mr.Children 「HOME」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上田義彦、ホンマタカシ、泊昭雄ら数々のカメラマンとの共演で、写真を主役にした力強
い広告を生み出してきた森本千絵。ベストな一枚を引き出す、森本のディレクションには
何が隠されているのだろうか?今年初めから続くMr.Childrenのアルバム「HOME」一連のプ
ロモーション広告制作には瀧本幹也をはじめとする3名のカメラマンが参加。それぞれとの
やりとりを中心に、その舞台裏に迫った。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6. あのパッケージの裏側見せます!  〜 川路ヨウセイのデザイン術 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

数あるデザイン分野のなかでもパッケージデザインは特異な位置づけにある、とパッケー
ジデザイナー・川路ヨウセイはいう。「確立された一分野でありながら、学校の授業では
グラフィックやプロダクトと一緒くたにされることがほとんど。本来はパッケージデザイ
ンほど幅広い知識や技能が要求される分野も珍しいんですけどね」川路の代表的な仕事を
例に、各パッケージの成り立ちと、そこに秘められた創意工夫を探ってみよう。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃7. 雑誌ジャンル別 カバーデザイン考
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私たちが何気なく目にしている雑誌。しかし、同じ雑誌とはいえ、ジャンルによってそこ
にはさまざまなデザイン特性が見いだされる。担当ADは、何を基準に、表紙のデザインを
手がけているのだろうか?各ジャンルのトップ雑誌の表紙から、そのデザインルールを探る。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃8. 名人直伝!グラフィック短期集中講座
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この春からデザイナーになった、新人さん必見!実際の仕事をする上で必要になってくる
「印刷」「紙」「文字」の基本をそれぞれに精通したAD3名と現場の技術者が分かりやすく
解説する。

・印刷と色校/永井裕明
・校正の基本/日本写真印刷
・紙の選び方/秋田寛
・紙の基本/特種製紙
・書体とロゴタイプ/永原康史
・文字の基本/字游工房 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ コラム 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ ADとDって何が違う?

念願であった“デザイナー”の肩書きを手にしたばかりの新人諸君にとってはいまだ憧れ
の存在(に違いない)、アートディレクター。その職域、職能に関する明確な定義は存在
しないが、多くのケースを参考にしながらアートディレクター(以下AD)とデザイナー(
以下D)の違いについて解説しよう。

 ■ 1年生デザイナーの一週間 E.Co.,Ltd.

この4月めでたくスタートラインに立った新人デザイナーたち。しかし、業務をこなすのが
精いっぱいの毎日でじっくりと自分の仕事内容について考える余裕すらない。そんな彼ら
に対し、先輩たちは、仕事のどこをチェックし、何を望んでいるのか。 “体育会系” (
!?)とのウワサも耳にする広告制作会社、E.(イー)に今年入社した3名はいったいどんな
一週間を送っているのだろう?それぞれの仕事内容に対する先輩たちのコメントも必見!

 ■ 地図づくりのABC 木村博之

媒体ジャンルを問わず、各種メディアに掲載される“地図”。ひとえに地図といっても、
多様な上に細かい情報が詰まっており、それをうまく伝えるには高いデザイン能力が問わ
れるはず。長野オリンピックの公式マップなどを手がけた地図のスペシャリスト、木村博
之が、地図づくりの心得を伝授する。

 ■ デザイナーの習いごと 大日本タイポ組合 

同じ文字を扱う創作でもグラフィックデザインと書道では別ものだ、なんて思うなかれ。
独自のルールで構築されたタイポ作品で知られる大日本タイポ組合が選んだお稽古ごとこ
そが書道。それを始めた理由、その効果について話を聞いた。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

■特別記事■

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  第8回シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション受賞作品決定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「快適なデザインツール」として機能する新しいプロダクトデザインを募るコンペ。第8回
目となる今回のテーマは「快適」。過去最高の応募総数のなかから選ばれた受賞作品を審
査の進行状況や審査員のコメントを交えながら紹介する。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  TAKEO PAPER SHOW 2007「FINE PAPERS」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

紙の専門商社 竹尾が毎年開催している展示会「TAKEO PAPER SHOW」。42回目を迎える今回
は、初めて場所を丸ビルに移し、3名のアートディレクターが共同で企画・構成・デザイン
を担当。ファインペーパーを使ったアイテムを会場で展示するほか、周辺のショップで実
際に頒布するという初めての試みを行った。盛況のうちに終了した東京展の様子をレポー
トする。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  印刷実験が生む新表現 「グラフィックトライアル2007」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新しい印刷表現の可能性を探る試みとして、昨年から始まった印刷実験企画「グラフィッ
クトライアル」。凸版印刷グラフィック・アーツ・センターによるこの企画は、グラフィ
ックデザイナーと凸版印刷のプリンティングディレクターがコラボレートすることで、新
たな印刷表現を生み出そうとするものだ。年に1回のペースで行われるこのトライアルは、
デザイナーサイドからの構想を基に数回の印刷実験を行い、その結果を踏まえて印刷物を
制作し、実験から作品完成に至る工程を展覧会で発表するというかたちをとっている。今
回オフセット印刷の可能性に挑んだ4人のデザイナーの作品を紹介する。

・澁谷克彦
・服部一成
・平林奈緒美
・青柳雅博

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 連載
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆これ、誰がデザインしたの? no.44 渡部千春|PASMOのロゴ 

 ◆先輩に聞け! no.19 東海林小百合

 ◆designscape no.62 松田行正|形は機能に従う

 ◆新連載 フォント演出入門 no.3 小林章|ドイツらしさを演出する書体


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ DESIGN MIX JUICE
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆WORLDWIDE MIX

 ・ICELAND:光の妖精が飛び出す魔法の本棚 
 ・PARIS:「肌」という名のペーパー・コレクション 
 ・MILAN:新たな視点によるリサイクル思想のショップ
 ・AMSTERDAM:「女性の力」を体現するランジェリー・デザイン 
 ・LONDON:楽しくてアーティスティックなインタラクティブ・デザイン
 ・MELBOURNE:エマ・ディヴィスのポリプロピレンアート
 ・TOKYO:伝統の技とデザイナーの出会い「江戸意匠」展  

    
 ◆BOOK:『デザインの本の本』、『はじまりの物語ーデザインの視線』ほか
 
    
 ◆AWARD:2006年度 朝日広告賞/第32回 木村伊兵衛写真賞/2006 毎日デザイン賞
    
 ◆PREVIEW:「Thank You For Wegner ハンス・J・ウェグナー追悼展」、
      「ル・コルビュジエ展 建築とアート、その創造の軌跡」ほか
    
 ◆COLUMN:ものづくりの現場から[+d編]、コトバのミカタ

Copyright (C) fujiyan.net. All rights reserved. 当サイトについて